捨てるとこなし!!今が旬、おいしいウドの取り方と食べ方 【料理・山菜・旬の食材・デートスポット】

 

こんにちは!!

現代の百姓を目指している橋本和明です^^

 

1回目の投稿には初めてなのにすごく反響があって

とても嬉しかったです(^-^)

 

今日はウドの取り方から調理まで

僕の勝手なイメージですけど

 

田舎

  ↓

 山

  ↓

 春

  ↓

山菜

  ↓

ウド!!

 

みたいなとこあると思うんですよ

さすがに最後のウドのとこはないかな(笑)

 

でも、ウドって

でOK、焼いてOK、茹でてOK、揚げてOK

もすべて食べられる万能食材なんです!!!!

 

そんなウドですが

買えば6本で2000円もすることもあります。

 

しかし、山に行けばちらほら生えてるし

山に行かなくても、橋本の家の裏には沢山生えてます(笑)

むしろ山に行くより群生しているww

 f:id:kokonisumitai:20170510213606j:plain

 

これがウドです ↓↓ 

f:id:kokonisumitai:20170510213825j:plain

 

こんなに沢山雑草と混じって生えているウドですが

おいしく食べるには、まずウドを上手に取る必要があります

この方法によって来年もウドがとれるかどうかが変わってきます!!

簡単なので山に行った際はぜひ実践してみてください^^

 

 

ウドの上手な取り方

たいそうな題をつけましたが取り方は簡単です!!

 

ウドはだいたい膝の高さくらいが食べ頃らしいです。

(採るときは鎌があると便利です。)

 

まずは、ウドの周りのゴミを取り除き、少し掘ります。

 

これを ↓↓

f:id:kokonisumitai:20170510184736j:plain

 

こう ↓↓f:id:kokonisumitai:20170510185006j:plain

だいたい赤いところが出ていて

根元で繋がっている部分が見えるぐらいまで掘ります。

 

次に、根元の繋がってる部分で切ります。

f:id:kokonisumitai:20170510185831j:plain

 

このぐらい少し根が付いてるくらいがベストです。

f:id:kokonisumitai:20170510185934j:plain

この赤いところがおいしいんですよ(^.^)

 

そして最後に土をかぶせます。

f:id:kokonisumitai:20170510190343j:plain

面倒ですが、土を被せておくことで

来年もおいしいウドが食べられるので

次の人のためにもちゃんと土は被せておきましょう。

 

そして一つの株から多くを採りすぎないことも

来年もおいしいウドを楽しむためには重要なポイントです◎

 

ウドのおいしい食べ方

次は、お待ちかねの食べ方ですね!!

 

ぼくのおススメは

 

芽は 天ぷら

茎は 味噌汁

葉は パスタ

皮は サラダ

 

これが王道であり、ベストだと思います!!

 

天ぷら

f:id:kokonisumitai:20170510214320j:plain

山菜の風味やみつきになる味です。

葉の天ぷらもおいしいですよ◎

 

味噌汁

f:id:kokonisumitai:20170510214535j:plain

2センチ大に切って味噌汁に入れると

やわらかくてとてもおいしいです。

茎は茹でて味噌、マヨネーズで食べるだけでもウマい!!!!

 

パスタ

f:id:kokonisumitai:20170510215645j:plain

葉を千切りにしてパスタと炒めるだけ!!

シソみたいな風味でめちゃくちゃウマいです◎

チャーハンに入れてもめちゃくちゃ合います。

 

サラダ

f:id:kokonisumitai:20170510215417j:plain

根元の赤い部分の皮は千切りにして

水菜などの野菜と酢味噌和えにするとおいしいです◎

味はミョウガみたいな感じです。

 

実際に採取から調理までしてみて

これらを完ペキに、さらっとこなせたら

 

モテるな!!これ!!

 

と橋本は確信したので

 

春のデートにはぜひ山菜採りをどうぞ。

 

 

橋本和明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】