レジ袋をやめたら、お金を使わなくなって、社会も良くなる?と気づいた話。【エコ・リサイクル・違和感】

 

こんにちは!!

現代の百姓を目指している橋本和明です^^

 

今日は、久しぶりに買い物をしていてぼくが感じた

社会の違和感についてです。

 

買い物をし終えて

レジに並んでいた時のこと

ふと「レジ袋は不要です」のカードを見て

買い物用の風呂敷を持ってきていたぼくは

そのカードをカゴに入れました。

 

すると店員さんが

「ご協力ありがとうございます。」と言いました。

 

きっと、今では皆さんも経験したことのある

当たり前の光景かもしれませんが

ぼくは「ん?なんか変だ。」と思いました。

 

今の時代、レジ袋があるのは当たり前。物を買ってレジ袋がないところなんてほとんどありません。むしろ「あと何枚かつけときましょうか?」と聞かれるほどです。

 

最近になって少しずつレジ袋が有料化してきましたが、それは企業側がコストを気にして削減しているだけの話だとぼくは思います。

 

でも、ぼくはそもそもレジ袋はお店のサービスじゃないのか?と思いました。だから、無くてもいいし、元々、レジ袋は有料でいいんじゃないのかな?と思ったんです。

 

少し気になって調べてみたら、レジ袋はもともと八百屋さんなどで、カゴに載せて売られていた形態から、お客さんの要望があって誕生したようです。(詳しくは以下の記事で)

レジ袋の誕生秘話 | DOaSTORY

 

多分、サービスのほとんどは、ぼくたちが望むから生まれるんだと思います。そして、それに答えることで仕事になっている。でもぼくは、サービスはサービスだと思うんです。これに甘えすぎたり、当たり前になりすぎたら社会で逆転現象が起こって、しんどい人がでてきたり、環境とか社会に負担が起こったりして、おかしくなると思うんです。誰かがしんどくなってる。

 

これは、もしかしたらモンスターペアレントとかの問題でも同じことが言えるんじゃないのかなぁとぼくは思います。

 

レジ袋があれば楽だし、いつでも袋があって買い物ができます。

 

でも、これって袋を持っていなくても買い物に行けるということ。そして、その状況のほとんどが、ぼくの場合、何かを買おうと思って買いに行くのではなく衝動的に、または時間つぶし的に買い物をしている時が多いなってことに気づきました。

 

目的が何かを買うことではなく、買い物をすることになってるんです。この行動自体が昔では考えられないほど消費的な生活の表れだなと思いました。

 

買い物に買い物されている。

 

この状況での買い物は、やっぱりいい買い物をしている時が少ないんじゃないでしょうか?無駄遣いをしてる気がします。

 

資源も無くなるし、お金も無くなる。ついでにしんどくなる人も産んでるかもしれない。なんかいいこと何にもないなと思いました。

 

このテーマはレジ袋をやめたら・・というものですが、根本はレジ袋どうこうではなく、当たり前を見直すことだなと、ぼく自身この記事を書いていて気づきました。今、当たり前だと思っていることは少し行き過ぎではないでしょうか?

 

今の当たり前は、きっと当たり前じゃないことばかりです。それに気づくことから始めていかないと、ぼくはどんどんしんどい社会になるような気がしています。この辺で逆流させないと。

 

レジ袋をやめることについて言うと、ぼくは単純に「柄がかわいい」という理由で風呂敷を持ち歩き始めました。でも、使ってみたらレジ袋はたまらないし、ゴミは減るし、ぼく的には、いいことばかりです◎

 

ちなみに、ぼくが愛用しているのはSOU・SOUの風呂敷です ↓↓

f:id:kokonisumitai:20170517204132j:plain

風呂敷 − 奈良時代から伝わる、モノを包む為の布。

 marimekkoでデザイナーをされていた方がデザインしているので、洋服にも合うし、ひとつあるだけでとても重宝しています。

 

長くなってしまったので少しまとめ的に書かせてもらうと、今ある当たり前を当たり前ではないと思うようになれば、少し、しんどくなる人が減ったり、社会が良くなっていく。こんな小さいところからだけど、でもこんな小さいところからだからこそ社会は着実に良くなっていくとぼくは思っています。

 

今回はレジ袋についてでしたが、ぼく自身、生活の中でまだまだ気づけていない当たり前はたくさんあると思います。まずは、自分から、そのひとつひとつに疑問を呈していこうと思うので、よかったら皆さんも当たり前を考えてみることから始めてみませんか?

 

本当に長くなってしまいましたが

ここまで読んでくださった方

ありがとうございます。

 

明日も更新がんばります^^

 

 

橋本和明

 

 

p.s.

今日はレジ袋を貰わなかったから、というわけではないと思いますが、荻ノ島に来てから、「これを買おう」と決めて買い物に行くようになったので、スーパーで使うお金が極端に減りました。使っていないお金は、ぼくがこだわりたいと思っている物に使っています。

f:id:kokonisumitai:20170517210050j:plain

https://www.craft-u.com/

これは、荻ノ島に来てくれた人をもてなすときに使いたいと思って購入したアイスコーヒー用のグラスです。柏崎市で唯一?の硝子工房クラフト・ユーさんの作品で、今日、調べて買いに行ったら、ここのお父さんもいい人だったし、こうして並べてみると荻ノ島の景色とよく合うな~と思ったので、今日はとてもいい買い物ができた良い日でした。

 

 【あわせて読むと楽しい1読】

 

 

www.hashimotokazuaki.com

【スポンサーリンク】